ウォーターサーバーを使えばペットボトルのお茶のような美味しいお茶を自宅で作れるか?

ウォーターサーバーを使えばペットボトルのお茶のような美味しいお茶を自宅で作れるか?

ペットボトルのお茶は自動販売機で一番売れているジュースです。

ジュースではなくお茶が一番売れているのです。

おかしな話ですが本当です。そして、水が売れています。

だいぶ前のことですが、外国では水が高値で売られていると言われて驚きましたが今では当たり前のように水やお茶をジュースと同じ値段で買っています。

日本は水道水がどこでも飲めるはずなので水を買う必要がないはずなのに買っています。

なぜかといえば、誰にでもわかるくらいに水道水はまずいからです。

まずいのには理由があって、細菌、菌類などを消毒するために塩素が入っているからです。

塩素は少量では体に問題がないとされていますのでそのまま飲んでしまっています。

ほんとうにこれが全く問題がないかは良く分かりません。

しかし、塩素は沸騰させることで抜けてしまうくらい簡単な溶け方をしているものなので料理に使ってもすぐに抜けてしまうはずです。

放置しておいても数時間で抜けてしまいます。

また、温度があがってくると塩素が湧き上がってきてもわっとプールのような匂いがすると思います。

プールの水も水道水も同じくらいの塩素濃度となっているようです。

このため、プールの水を間違って飲んでもお腹を壊すことがないという仕組みになっています。しかし、何日もそのままですから毎日塩素の粒を入れていきます。

ほんとうにこれが良いのかは良く分かりません。みんなが入った風呂に顔を付けて、水を呑んでしまうこともあるのですがそれでもいいという不思議なスポーツです。

逆に言うとどんな水でも塩素を入れてしまえば水道水になるということです。

水道用の水をためているダムを見ればわかると思いますが、綺麗な透明な透き通った富士山の湧き水ではありません。

まるで池や貯水池に溜まった緑色の水のようにも見えます。

これをろ過して塩素を混ぜれば水道水となって、これが世界一安全でミネラルウォーターと一緒だと言われてもだいぶ違う気がします。

さて、お茶を作るには、

  • 塩素を抜くには沸騰させる!

ことが一番カンタンですのでお茶を普通に作れば美味しいはずですが、ペットボトルのお茶のようにはなりません。

イメージとしては都会の水道水は大きな川の水を飲んでいるイメージです。

山麓の麓の地域では水道水がミネラルウォーターのようなところもあるでしょう。

そう考えると川の水で作ったお茶と湧き水で作ったお茶でどちらがおいしいのか?

考えればわかるような気もします。

また、作ったお茶をこして余分な葉をなくしてスッキリとさせたり、抽出温度にこだわっていることだと思います。

それらのことをして美味しくなるのだと思います。

ところで、

川の水と湧き水では何が違うのでしょうか?

一部、イメージもありますが、

  • 川の水は湧き水よりも有機質が多そう。

ということが想像できます。

これが味にどう影響するかわかりませんが、湧き出たばかりの水と比べると川を下るうちに周りの小川から流れ込んだりした土や葉のような養分がたくさん溶け込んでいることが考えられます。

また、水草や藻類や流木などが分解されたものが混じっている気もします。

ろ過して塩素処理すれば細菌は居ないですし固形物もありませんが、水に溶け込んだ有機質の成分は違うはずです。

一方、湧き水は湧き出たばかりの水を採取していれば、外気と触れることなく周りの有機物が溶け込むこともないかもしれません。

あってもしみ出すまでの長い年月の間に分解されてしまうことでしょう。

このようなイメージです。

glass

水関連の情報を発信しています。

Recent Posts

ミネラルウォーターおすすめランキング!

  ミネラルウォーターおすすめ…

2018年12月20日 11:04 PM

天然水おすすめランキング!

  天然水おすすめランキング!…

2018年12月20日 11:02 PM

RO水おすすめランキング!

  RO水おすすめランキング!…

2018年12月20日 10:58 PM

『ビューティフルグラス』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.