– 金魚水槽レイアウト

 

f21l

金魚は上見がいいと決まっています。昔からそう言われてきて、そのように改良されてきました。

でも、そんな現代において、最新の技術で作ったフレームレス水槽にかかれば、金魚も横見がいいのでは??

などという、たわけたことを考えたものです。ほんと、あまいですね。数百年の文化は本物だった。

たしかにどっちがいいか?と言われれば、上見がいいですね。

悔しいですが、これは事実です。もう、ほんと、中を浮いているようでなんとも言えない、その泳ぎ方がそうさせるのでしょう。

じっとしている金魚を横見すると、生きてるのか??と言いたくなります。

上見の場合、最悪、アクリルで固まっているとしても、優雅に見えます。なんででしょう。

これはおそらく、生き物としての魅力を見出すのは横見、観賞用の玩具としての価値は上見になるのではないでしょうか?

わけわかりませんが、盆栽なのか、水槽育成のテラリウムか?という違いと同じだと思います。

かりにもし、横見が楽しい金魚が居ないかと考えてみます。

上見より、横見が楽しい金魚とは?

金魚は上見専用に改良されています。

つまり、居ません。

そのため、アメリカへ渡ったコメットか、原種のフナです。つまりは、フナ尾の金魚だと思います。体型もフナに近いほど横見が楽しいのではないかと思います。

正直、出目金、怖い、グロい、と思った人は上見にして白い皿にいれて見てください。

かなり、可愛らしい、鯉のようなペットになります。

つまりは、水槽飼育なら、フナ尾を買え!

とでもいいますでしょうか。しかし、そんなことはなく、個人の好き好きです。ご自由にお好きな金魚をお選びください。



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です