水槽系1 水関連

簡単なディスカス病の治療

投稿日:2010年10月14日 更新日:

簡単なディスカス病の治療

まず、直らない可能性も高いです。自己責任でお願いします。
ただ、簡単な方法の1つがあるというだけです。選択肢の1つに入れてみてはどうでしょうか?

【病名】
ディスカス病、ディスカスエイズ、などと呼ばれていますが、

【症状】
全身が真っ黒になり、白い粘液を体中からだらだらとたらして、餌を食べなくなり、弱って死んでいく。

【治療の方法】
スピードこそが治療の成果を分けます。

・80%以上の水換えをする。

・新しい水に、海水塩を0.5%程度入れる。

・水温を31度以上にする。33度くらいまで可能ですが、餌を食べていなくて弱っている場合は、無理
に温度を上げない。

・餌は与えない。

・2,3日に一回、同様の水換えを行う。最短で1週間で回復しました。できれば、毎日でもいい。
*1週間で直らないなら、他の手を考えるのも良いですし、そのまま続けるのもいいです。

しかし、これをやっても、助からない個体は助かりませんでした。
さらに、強烈な方法として、ホルマリンを添加する方法があります。こちらは完全に滅菌するということです。こちらの方が、専門家やマニアの間ではいいと言われていますが、使用量を間違えると毒ですので、取り扱いは注意です。

自分は、安いディスカスで、ホルマリン買うのも、シックハウスの原因を家に持ち込むのも嫌なので、塩一本でいきました。見ていて、ディスカス病の症状は他の何よりもかわいそうです。

ほんとに、あれほど、残酷な映像はないですね。でも、やっぱり、ディスカス病は新しい水槽、新規導入の固体じゃないと、発生していません。

なぜか??
いくら水換えを怠ったとしても、ディスカス病になることはありません。

ですので、初心者が一番はじめに一番つらい病気を経験しなければならないのかもしれません。
それで断念する人もいるでしょう。
やっぱ、最初は安く、信頼のおけるショップで小さい魚を買いましょうと、お勧めします。
初めてのディスカスには。

-水槽系1, 水関連