Categories: 美白成分

美白用オールインワンジェルに配合されている「アルビニアカツマダイ種子エキス」とは?

美白用オールインワンジェルに配合されている「アルビニアカツマダイ種子エキス」とは?

アルビニアカツマダイ種子エキス

作用

血中のプラスミノーゲンはフィブリンに結合してプラスミノーゲン活性化因子(tPA、uPA)により活性化され、フィブリンを分解する。トラネキサム酸はここでフィブリンに拮抗してプラスミノーゲンに結合して活性化を阻害し、これによってフィブリンの分解による出血を抑制する。抗プラスミン剤(antiplasmin)として、一次線溶亢進による異常出血には極めて有効とされる。

トラネキサム酸は、プロテアーゼのインヒビターとして認識されているが、プラスミン阻害作用、プラスミノーゲンのプラスミン変換の阻害以外に作用点はない。プラスミンはセリンプロテアーゼに分類されるが、トラネキサム酸はプラスミン以外のセリンプロテアーゼ、例えばトリプシンを阻害しない。また止血作用以外に、顔のしみのひとつである肝斑への効能が確認され、商品化されている。

(「トラネキサム酸」Wikipediaより)

顔の赤みなどがシミやくすみような見た目をしていることがあります。色素のようなものから赤く炎症を起こしているタイプのものまであります。

肌の健康状態がいつもいいとは限りません。

内部で出血していて赤い場合もあります。ホルモンの影響でそれが起こりやすいということもあるようです。そのようなタイプのしみにはこの成分がいいそうです。

ご自分のシミやくすみのタイプを理解して美白用のオールインワンジェルを探すといいと思います。

glass

水関連の情報を発信しています。

『ビューティフルグラス』

運営者情報お問い合わせ

All Rights Reserved.