水槽系3

魚紹介 アウロノカラ ハンスバエンシィの口コミ、感想、評判は?

投稿日:2010年12月17日 更新日:

【流通名】
アウロノカラ ハンスバエンシィ、バエンシィ、ピーコックシクリッド

【学名 属名+種名】
Aulonocara hansbaenschi

【和名(カタカナ名)】
アウロノカラ ハンスバエンシィ

【グループ】
Haplochromis(ハプロクロミス)

【生息場所】
マラウィ湖

【最大全長】
12cm

【参考価格】
ブリード 4cm 300円

【解説】
ピーコックシクリッドと呼ばれている、もっともノーマルなもの。
しかし、個体によって色の出方が違うので、一概には言えないが、
青い体側の一部、胸のあたりと胸びれに赤色が入る綺麗な種類。

アーリーと比較される事が多い品種で、こちらは体側にラインが入り、完全なメタリックブルーとは言えない分、地味なのかもしれません。
しかしながら、アーリーにない赤の発色など魅力的な要素があります。
小さいからといって、同種同士の混泳となるとアーリー同様、非常に難しいものがあり、少ない数を入れると、弱い方の個体から落ちていってしまうでしょう。ここのあたりの性格はアーリーに近いと思います。

また、強い個体だけが発色して、他の個体が発色しないということもあるそうで、たくさん群泳させると、オスでも綺麗に発色しないことがあるので、多種の中に単独で入れたほうが良いかも知れません。

-水槽系3