水槽系3

魚紹介 ティラノクロミス ニグリベンテルの口コミ、感想、評判は?

投稿日:2010年12月17日 更新日:

【流通名】
ティラノクロミス ニグリベンター、ニグリベンテル

【学名 属名+種名】
Tyranochromis nigriventer

【和名(カタカナ名)】
ティラノクロミス ニグリベンテル

【グループ】
Haplochromis(ハプロクロミス)

【生息場所】
マラウィ湖

【最大全長】
30cm

【参考価格】
ワイルド 12cm 12000円

【解説】
気性は荒い。フスコと争うこともある感じである。
やはり、この種の顔が大きく、口も大きい種は、とにかくたくさんの魚を、少しでも口に入るサイズの魚を食べようとして進化してきたはずである。
そのため、大型と言われるアフリカンシクリッドの中でも、食性が異なり、あるものは、プランクトンを食べていたり、海老や貝を食べるものもいる。また、死んだ魚だけを食べるものもいる。

そういう中で、最も活発に強烈にあらゆる魚に喰らいつくのが、本種のような口のでかい魚種である。これらは、強烈なプレデターと呼んでいいと思う。
例えるなら、ブラックバスと同じようなものだろう。

これらの魚を飼育するときは、お互いが口に入らないという条件を満たしていく必要がある。
他魚を追い掛け回すという以前の話である。
それができるようなら、飼育できるが、やはり、もっとも強烈なプレデターに入る部類の魚は、本来は混泳には向かないのだろうと思う。

-水槽系3