水槽系3

魚紹介 プラキドクロミス・ミロモ スーパーVC-10の口コミ、感想、評判は?

投稿日:2010年12月17日 更新日:

【流通名】
プラキドクロミス・ミロモ、スーパーVC-10

【学名 属名+種名】
Placidochromis milomo

【和名(カタカナ名)】
プラキドクロミス・ミロモ

【グループ】
Haplochromis(ハプロクロミス)

【生息場所】
マラウィ湖

【最大全長】
20cm

【参考価格】
東南アジアブリード5cm 700円

【解説】
飛行機のスーパーVC-10に似ている?ということから、この名前がついた。
実際は似ていない。唇のめくり上がった形状から、飛行機のように早く泳ぐことを表すためとある。

この唇は野生化で岩から生物を擦りとりながら、発達していったとされている。
ブリード者より、ワイルドの方が特徴はでやすいというようです。

若魚のうちから、白地に黒、茶色の縞模様で、
早くから、水槽内で、一番目立つ存在になるかと思います。

雄は、発色すると、青と、赤が入り交じったとても美しい姿となります。
こういった色合いは、他の大型の30cmになると言われるアフリカンシクリッドに見られるようなものです。
それほど大きくならないため、大型魚を飼育できない時に、この色を楽しみたいという方には手頃ではないでしょうか?

水槽の中でも大きめの個体を選べば雄の可能性は高いのではないでしょうか?

-水槽系3