水槽系2

60cm水槽に何匹飼うのがおすすめ?

投稿日:2010年12月1日 更新日:

一体、何匹の中型アフシクをカウのがいいのでしょうか???

それは、一番、楽なのが、1匹飼うのが楽でいいでしょう。きれいに育てられます.

一応、Maxサイズが20cmと呼ばれているものまでしかいれませんが。

おそらく、この環境だと10cm程度で収まるのだと思います。

自分的には20匹弱はいないと、見栄えがしないと思っています。

さらに、ポイントはメスばかりじゃ、どうしようもなく、見栄えが悪いです。
また、あまりに種類がいても、まとまりがなさすぎます。

簡単にいうと、黒、灰色ぽい、大きい魚がいると、ものすごく、不釣合になってしまいます。

これは避けたいです。60cm水槽でも、90cmでも、水槽の高さは10程度しか変わりません。

水槽の縦の長さの何分のいちの体高の魚が、何匹いると美しく見えるのかというだいたいの目安があると思います。

ある水槽では、60cmながらに大きく育っていて、20匹弱入っていました。

たしかに、10cm程度の魚を20匹飼うくらいたいしたことはありません。

しかし、その見た目がいまいち、あまり、ぱっとしないんです。魚が水槽に対してでかすぎる。
15cm以上の魚が1匹以上いて、あとは10cmくらいの魚が灰色っぽいのが3,4匹いて、ピンク、黄色、、、などなど、

入っている魚は自分と同じような大衆魚なので、自分も選択次第でそうなります。

どうしたらよいのか?

青い魚だけに統一するという1つあります。
それは、しかし、アーリー20匹にすると、確実に殺しの嵐。

ただ、全部、青=雄、というのは幼魚から買う場合、あまり期待はできません。

だいたい、ピーコックの青いヤツとアーリー1匹といったところでしょうか。

しかし、それもいけてないかなと思い、もう1工夫、やはり、オブジェのレイアウトから考えていきます。

石組、木組み、貝、サンゴ、、、、

それにマッチさせるには、バックスクリーンの色は?

水草はなしでいくのか?

などを総合的に考えて、やはり、メインフィッシュを1,2種作ります。
そして、引き立て役と、メインフィッシュを切り分けます。

メインは、少なくて良いです。1,2匹、2,3種いてもいいと思います。

次に、引き立て役、これは同じ種類で、ある程度10匹とか、5匹とかいて、まー、安く手に入った種類をうまく使いましょう。

メインよりも目立ってはいけません。

しかし、目立つといっても、青ギラが目立つとは限りません。

そういう水槽における、白や、オレンジはとても目立ちます。
あと、通常は地味なはずの迷彩や、斑模様なども目立ちます。

アフシクレイアウトは、普通と逆です。

擬態系の魚が目立つのかもしれません。

それを考慮して,あと、多少、育つまでに落ちる個体がいることを考慮して、多めにいれてもいいでしょう。

途中から追加すると、サイズを合わすのが大変で、とても高価で入手し難いです。

これで、色々なバージョンをつくって、アフシク飼育を楽しんでいくのは如何でしょうか?

それも60cm限定で。

また、20cmの魚と30cmの魚は重さで10倍近く差があります。
つまり、10倍でかいのです。

やはり、30cmMaxと言われている水槽は、単独飼育にしといたほうがいいですね。

ただ、フロンートーサは成長が遅いので、多分、大きくなりませんので大丈夫だと思います。

-水槽系2