ニシキゴイ – べっ甲

Error:too_many_requests: number of allowed requests has been exceeded for this API. please try again soon.Error:too_many_requests: number of allowed requests has been exceeded for this API. please try again soon.Error:too_many_requests: number of allowed requests has been exceeded for this API. please try again soon.
 

【錦鯉 べっ甲のおすすめ度】

  *ランキング評価をお願いします。 Please Rate !




錦鯉 べっ甲を値段の安いおすすめのネット通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で錦鯉 べっ甲を検索した結果。


*表示している検索結果は、錦鯉 べっ甲の結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains other species except Nishikigoi bekkou !
動植物を輸入する際には検疫を必要とする場合があります。 Importing species, It may be necessary for species to be quarantined.




錦鯉 べっ甲の餌、水槽を値段の安い通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で錦鯉 餌を検索した結果。


楽天で錦鯉 池 水槽を検索した結果。オールインワンのセットや単品など。



錦鯉 べっ甲の種類、大きさ、美しく健康を保てる餌や栄養成分、水質(ブラックウォーター、ミネラル)、水温、湿度、pH(水素イオン濃度)、gH(軟水、硬水)など


学名 (Scientific Name)Cyprinus carpio carpio
英語名 (English Name)Nishikigoi bekkou
和名 (Japanese Name)錦鯉 べっ甲
分類 (Category)Cypriniformes Cyprinidae Cyprininae Cyprinus コイ目 コイ科 コイ亜科 コイ属
生息分布 (Habitat Distribution)Breeding in Japan 日本の改良種
最大体長 (Maximam Size)100cm
育成可能年数 (年齢)80(年/歳)
適合温度 (Temperature)5-30°C
湿度 (Relative Humidity)100%
ペーハー (pH)5.0-7.0
硬水~軟水 (gH/dH/kH)5.0-6.0 dH
餌、栄養成分 (Feeding)粒状フード、小粒~大粒、浮遊性、沈下性(冬場など)
育て方、水質 (Description)べっ甲とは、ウミガメの仲間のタイマイという種類の甲羅を加工して作ったプラスチックが主流になる前の装飾品の材料でした。今はワシントン条約のために在庫として保有しているものだけが流通することがあります。昔は手軽に買えたのですが、今ではメガネのフレームが数十万円もしたりします。白甲という黄色一色のものは100万円を超えることも有ります。そんなべっ甲ですが、このべっ甲という錦鯉は、模様がべっ甲模様だということでそう呼ばれるようになったと考えられます。色は白地に黒模様で、べっ甲の茶色い部分とあめいろの部分が織りなす模様に似ています。他にもいくらでも呼び方はあったのですが、高級品のべっ甲と同じ模様という意味でよかったのかもしれません。

下地の白は一様ですが、黒い模様を表現するウロコが表面から黒い部分と表面は透明に近く、地肌部分のみ黒いものとで2種類のウロコが合わさり、深さを持った模様表現になっていて、べっ甲のように立体的な模様が浮かび上がる自然の造形物という感じです。色は黒いといっても、真鯉のようなグレーに近い感じです。一般的な色の組み合わせですが、その模様の入り方でいかようにでも美しい表現ができるので、優れた模様をもった鯉は価値が高いです。

*ここに書いてある育成環境データは一例です。このデータでも上手く育たないことも有ります。水道水の場合は塩素を処理する必要があります。 浄水器やウォーターサーバー、天然水は塩素は抜けていますが水質によっては生体に合わないこともあります。硬度が高い水よりも軟水の方が適してる場合があります。硬水の方が良い生体、水草もあります。 また、RO水などのように純粋な水が必ずしも全ての生物にいいとは限りません。水質にミネラル分が必要な生き物も沢山います。
液肥や魚の肌をケアするトリートメント液が販売されていますが使用する前には少しづつ試した方がいいと思います。魚の調子が悪いときは症状から原因を見つけて魚病薬用のケアをしまよう。魚の皮膚はとても繊細で敏感なので あまり触らないようにしましょう。肌荒れのような状態になるとそこから細菌が感染して病気になることもあります。
水草やサンゴの育生には紫外線などの太陽光に含まれる日光のような波長の光が必要ですので専用のライトを使用した方がいいです。水草の葉の表面が白く白化してきたら肥料成分が足りないので栄養を与えましょう。 赤系の水草は肌の日焼けのような症状と似ていて太陽光などの強い光が必要です。照明とCo2(炭酸ガス)の添加で美しい発色を引き出すことができます。








錦鯉 べっ甲の水槽レイアウト、育て方の様子 Videos of Nishikigoi bekkou.

  (http://www.youtube.com/で錦鯉 べっ甲を検索した結果)






錦鯉 べっ甲の口コミ、評判、育て方、ケア、混泳や濾過装置、照明の光量など ( Comments of this species )



  • クールな美しさをもった、水墨画のような錦鯉です。錦な感じはありませんが、これぞ和の美しさという気がします。 渋いのでいいです。鯉という感じがしないのが不思議です。












comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です