ニシキゴイ – 松葉 – 赤、黄、金、銀

 

【錦鯉 松葉のおすすめ度】

  *ランキング評価をお願いします。 Please Rate !




錦鯉 松葉を値段の安いおすすめのネット通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で錦鯉 松葉を検索した結果。

錦鯉MIX (M) 3匹 約13cm〜16cm前後 ニシキゴ・・・
価格:2250 円

錦鯉MIX (M) 5匹 約13cm〜16cm前後 ニシキゴ・・・
価格:3580 円

錦鯉MIX (S) 10匹 約10cm〜13cm前後 ニシキ・・・
価格:3980 円

(錦鯉)金松葉/キンマツバ ニシキゴイ 7〜13cm(1匹)・・・
価格:1060 円

錦鯉MIX (M) 15匹 約13cm〜16cm前後 ニシキ・・・
価格:9580 円

錦鯉 ヒレナガニシキゴイMix (5匹)Sサイズ 新潟県産 ・・・
価格:7500 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示している検索結果は、錦鯉 松葉の結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains other species except Nishikigoi matsuba !
動植物を輸入する際には検疫を必要とする場合があります。 Importing species, It may be necessary for species to be quarantined.




錦鯉 松葉の餌、水槽を値段の安い通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で錦鯉 餌を検索した結果。

キョーリン 咲ひかり 育成用 浮上 S 2kg 錦鯉 えさ ・・・
価格:2040 円

錦鯉用フード スイミー 大粒(浮上性) 450g 餌 飼料 ・・・
価格:399 円

キョーリン ひかり デイリー 8kg 錦鯉 餌 飼料 お一人・・・
価格:2508 円

キョーリン 咲ひかり 育成 浮上 M 2kg 錦鯉 餌 飼料・・・
価格:2068 円

キョーリン ひかり胚芽 大粒(浮上性)15kg 錦鯉 餌 飼・・・
価格:8448 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*魚などの生体は、慣れていない餌には食いつきが悪いものです。以前の育成環境でよく食べていた餌を与えるのが 無難な方法です。餌や液肥などの量の加減はとても難しく多すぎると腐敗し生体に害を与えます。


楽天で錦鯉 池 水槽を検索した結果。オールインワンのセットや単品など。

【送料無料】タカラ工業 ウォータークリーナー せせらぎFR ・・・
価格:31471 円

【送料無料】タカラ工業 ウォータークリーナー のどか TW-・・・
価格:17744 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! / アクアライフ編集・・・
価格:1728 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! (アクアライフの本)・・・
価格:1728 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! (アクアライフの本)・・・
価格:1728 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*水槽の大きさは生体の大きさに合わせるというのが一般的です。水槽台は必ず必要です。化粧板の付いた豪華なものでなくスチールラックでもいいので床の上に置くのは辞めたほうがいいです。水槽台には強度が必要です。表面にシワが寄ったように見えた場合は水槽がたわんでいる可能性があるので注意が必要です。

*ろ過装置は水質を維持するためにとても重要な装置ですが、オーバーフロータイプであっても補助的なものなので過信は禁物です。 浄化能力は、自然の池とは比べ物にならないもので、完全には浄化できません。植物が吸収したりプロテインスキーマで汚れを除去しない限り、いつまでも汚れが溜まっていきます。



錦鯉 松葉の種類、大きさ、美しく健康を保てる餌や栄養成分、水質(ブラックウォーター、ミネラル)、水温、湿度、pH(水素イオン濃度)、gH(軟水、硬水)など


学名 (Scientific Name)Cyprinus carpio carpio
英語名 (English Name)Nishikigoi matsuba
和名 (Japanese Name)錦鯉 松葉
分類 (Category)Cypriniformes Cyprinidae Cyprininae Cyprinus コイ目 コイ科 コイ亜科 コイ属
生息分布 (Habitat Distribution)Breeding in Japan 日本の改良種
最大体長 (Maximam Size)100cm
育成可能年数 (年齢)80(年/歳)
適合温度 (Temperature)5-30°C
湿度 (Relative Humidity)100%
ペーハー (pH)5.0-7.0
硬水~軟水 (gH/dH/kH)5.0-6.0 dH
餌、栄養成分 (Feeding)粒状フード、小粒~大粒、浮遊性、沈下性(冬場など)
育て方、水質 (Description) 錦鯉の品種の浅黄(あさぎ)を改良したもので、ウロコの縁だけが薄い色になっています。そのため、ウロコの形に体全体が網の目状になっているのですが、これがなぜ、松葉と呼ばれるのか?少なくとも葉とは関係無いと思われます。どう考えても、松ぼっくりのカサが閉まっているときの形にそっくりだからです。逆にこれが広がって開いてしまっていると、恐ろしい松かさ病というエロモナス菌由来の病気があったりします。そういう松の実に似たウロコを持った、ウロコ=葉という表現をしたときに、松葉かな?と考えられなくもありません。 非常に綺麗な品種であることに違いはありません。

基本的に浅黄は黒いウロコですが、これを改良して見栄え良く作るので、単一色などの錦鯉でみると、とても網目が鮮やかに映えます。そのベースとなる色により、赤松葉、黄松葉、金松葉、銀松葉というように呼び方が変わってきます。 想像するだけでどういう模様か分かります。そんなわかりやすい名称の錦鯉です。

飼育方法は錦鯉の一般的な飼い方ですが、 基本的にこの美しさを鑑賞するために、、どういう見方がいいか?ということが最重要課題となります。中には水槽の上部に観賞用に鏡を設置して、上見を楽しめるようにしている方も居るようです。

鯉って、濁った水でも元気というイメージがあり、田で生産されていたということもあり、泥混じりの水やグリーンウォーターでも育つのですが、しかも、水質が植物プランクトンのお陰で安定して非常にいいのですが、それでも、手入れの行き届いたSHOPや錦鯉専門の販売店、高級な施設の噴水の池、日本料亭の庭の鯉の池などは、大きな提灯が付いた滝のように水を循環させたろ過装置がついていて、水は全くもってして透明です。これは非常に難しいことであり、巨大な鯉がどれだけ餌を食べ、フンをして、水底を汚しあっという間に太陽光でグリーンウォーター化するかということを想像するに、ある意味、不自然でもあります。

おそらく、そのためにはマメなフン掃除やろ過装置によって吸い取るということが行われていて、水換えもあり、販売店でさえ、井戸水、自然の流水などで無尽蔵に水を使える環境にあったりして、常に透明な水が張ってあります。SHOPで薬品で緑色になっている水槽は言語道断です。

水槽は室内であれば、光が差し込むことなければ、グリーンウォーターにはなりにくいです。その代わり、硝酸アンモニウムが溜まり、いずれ病気発生のリスクが高まりますが、その前にこまめな水換えをすればそれはまのがれます。ただし、いつ水を替えたか記録していないと、知らず知らずのうちに水に亜硝酸が溜まり、病気になってダメになってしまうまで気が付かないことがあります。でも、そこまでしてでも透明な水をキープすることが錦鯉を楽しむ、鑑賞するために必要なことなのです。

*ここに書いてある育成環境データは一例です。このデータでも上手く育たないことも有ります。水道水の場合は塩素を処理する必要があります。 浄水器やウォーターサーバー、天然水は塩素は抜けていますが水質によっては生体に合わないこともあります。硬度が高い水よりも軟水の方が適してる場合があります。硬水の方が良い生体、水草もあります。 また、RO水などのように純粋な水が必ずしも全ての生物にいいとは限りません。水質にミネラル分が必要な生き物も沢山います。
液肥や魚の肌をケアするトリートメント液が販売されていますが使用する前には少しづつ試した方がいいと思います。魚の調子が悪いときは症状から原因を見つけて魚病薬用のケアをしまよう。魚の皮膚はとても繊細で敏感なので あまり触らないようにしましょう。肌荒れのような状態になるとそこから細菌が感染して病気になることもあります。
水草やサンゴの育生には紫外線などの太陽光に含まれる日光のような波長の光が必要ですので専用のライトを使用した方がいいです。水草の葉の表面が白く白化してきたら肥料成分が足りないので栄養を与えましょう。 赤系の水草は肌の日焼けのような症状と似ていて太陽光などの強い光が必要です。照明とCo2(炭酸ガス)の添加で美しい発色を引き出すことができます。








錦鯉 松葉の水槽レイアウト、育て方の様子 Videos of Nishikigoi matsuba.

  (http://www.youtube.com/で錦鯉 松葉を検索した結果)






錦鯉 松葉の口コミ、評判、育て方、ケア、混泳や濾過装置、照明の光量など ( Comments of this species )



  • 水槽で横から見る錦鯉だと模様によって大きくその楽しみ方が変わってきます。しかし、専門的な錦鯉販売店になればなるほど、鯉は大きく、70cmにまで成長させることが楽しみであり、90cmも珍しくないという時代だそうです。なんでそんな巨大なものを、、、と思いますが、巨大なピラルクーは迫力があります。アリゲーターガーも大きくなくちゃ意味が無い。ということで、錦鯉も最大限でかく。しかし、部屋で飼うのにできることは少ないです。重さの問題をクリアしても200L程度は必要で、濾過槽も餌の多さからして相当なもので、水換えも頻繁にしないと、、、ということで癒されるよりも、苦しめられることの方が一般的な家庭での飼育では多いとなってしまいます。もちろん、水槽で飼育すれば20cmも超えないサイズで飼育することも可能です。でも、それじゃあ、という気がしてしまいます。せめて、上見で飼いたいです。なにか良い方はないものか、、、と考えていると、ベランダ用のプラ池を部屋に置いて飼育しているスタイルがありました。まあ、場所があれば、、ですが。












comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です