ニシキゴイ – 浅黄(あさぎ)

 

【錦鯉 浅黄のおすすめ度】

  *ランキング評価をお願いします。 Please Rate !




錦鯉 浅黄を値段の安いおすすめのネット通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で錦鯉 浅黄を検索した結果。

(錦鯉)秋翠(しゅうすい)(1匹)【生体】
価格:1300 円

(錦鯉)孔雀(くじゃく)(1匹)【生体】
価格:1300 円

(錦鯉)五色(ごしき)(1匹)【生体】
価格:1300 円

錦鯉観賞魚浅黄44cm
価格:64800 円

錦鯉観賞魚浅黄47cm
価格:86400 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示している検索結果は、錦鯉 浅黄の結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains other species except Nishikigoi Asagi !
動植物を輸入する際には検疫を必要とする場合があります。 Importing species, It may be necessary for species to be quarantined.




錦鯉 浅黄の餌、水槽を値段の安い通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で錦鯉 餌を検索した結果。

キョーリン 咲ひかり 育成用 浮上 S 2kg 錦鯉 えさ ・・・
価格:2040 円

錦鯉用フード スイミー 大粒(浮上性) 450g 餌 飼料 ・・・
価格:399 円

キョーリン ひかり デイリー 8kg 錦鯉 餌 飼料 お一人・・・
価格:2508 円

キョーリン 咲ひかり 育成 浮上 M 2kg 錦鯉 餌 飼料・・・
価格:2068 円

キョーリン ひかり胚芽 大粒(浮上性)15kg 錦鯉 餌 飼・・・
価格:8448 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*魚などの生体は、慣れていない餌には食いつきが悪いものです。以前の育成環境でよく食べていた餌を与えるのが 無難な方法です。餌や液肥などの量の加減はとても難しく多すぎると腐敗し生体に害を与えます。


楽天で錦鯉 池 水槽を検索した結果。オールインワンのセットや単品など。

【送料無料】タカラ工業 ウォータークリーナー せせらぎFR ・・・
価格:31471 円

【送料無料】タカラ工業 ウォータークリーナー のどか TW-・・・
価格:17744 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! / アクアライフ編集・・・
価格:1728 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! (アクアライフの本)・・・
価格:1728 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! (アクアライフの本)・・・
価格:1728 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*水槽の大きさは生体の大きさに合わせるというのが一般的です。水槽台は必ず必要です。化粧板の付いた豪華なものでなくスチールラックでもいいので床の上に置くのは辞めたほうがいいです。水槽台には強度が必要です。表面にシワが寄ったように見えた場合は水槽がたわんでいる可能性があるので注意が必要です。

*ろ過装置は水質を維持するためにとても重要な装置ですが、オーバーフロータイプであっても補助的なものなので過信は禁物です。 浄化能力は、自然の池とは比べ物にならないもので、完全には浄化できません。植物が吸収したりプロテインスキーマで汚れを除去しない限り、いつまでも汚れが溜まっていきます。



錦鯉 浅黄の種類、大きさ、美しく健康を保てる餌や栄養成分、水質(ブラックウォーター、ミネラル)、水温、湿度、pH(水素イオン濃度)、gH(軟水、硬水)など


学名 (Scientific Name)Cyprinus carpio carpio
英語名 (English Name)Nishikigoi Asagi
和名 (Japanese Name)錦鯉 浅黄
分類 (Category)Cypriniformes Cyprinidae Cyprininae Cyprinus コイ目 コイ科 コイ亜科 コイ属
生息分布 (Habitat Distribution)Breeding in Japan 日本の改良種
最大体長 (Maximam Size)100cm
育成可能年数 (年齢)80(年/歳)
適合温度 (Temperature)5-30°C
湿度 (Relative Humidity)100%
ペーハー (pH)5.0-7.0
硬水~軟水 (gH/dH/kH)5.0-6.0 dH
餌、栄養成分 (Feeding)粒状フード、小粒~大粒、浮遊性、沈下性(冬場など)
育て方、水質 (Description) 浅黄(あさぎ)とは、錦鯉の模様の種類、分類の1つでウロコの縁が白っぽくなっていて、中心部分が黒、灰色になっているタイプの錦鯉です。このため、ウロコの縁に沿って白い網目状の模様を楽しむことができます。これだけでもかなりの見応えがある鯉です。紅白タイプや三色に比べると若干、見かける頻度は少ないですが、図書館などの池、噴水に居る鯉の中にもこういうタイプの鯉はよく存在します。そもそも、公共の場でこういった錦鯉があまりにも溢れすぎていて、若干、公共工事の1つとして普及された感じもして、錦鯉、鯉への評価が国内では非常に低いのが一般的なようです。

実に世界遺産の地域の中に水があってそこに錦鯉が泳いでいたら、海外で同じシーンを想像すると、とてつもなく、美しい感じがします。ナイアガラの滝にカラフルな北米の巨大魚が泳いでいたらそれは楽しいはずです。しかし、日本国内では、あまりに見かけるという理由だけで希少性が低くなってしまいました。たしかに錦鯉は農産物の1つとも言えるので、公共工事に使われることは正しい使い方であるとも言える気がします。

そのような鯉ですが、明らかに海外での評価は高く、非常に人気です。浅黄タイプもその渋さから非常にいい鯉だと評価されていますし、その浅黄の特徴を他の種類と掛け合わせることにより、複雑な模様パターンを作出することができました。大きな鯉を飼う時に、上見が基本なので、水槽ではなくプラ池がいいといいますが、この浅黄に関してもやはり、特に上見できる環境がいいと感じるタイプです。それは光は上から当たるもので、強い光が当たると、白い部分の色がより一層綺麗に見えてくるため、水槽のように上から照らして横から見る、ではなく、池、プラ池のように上から太陽光が照らして上から見る、という見方のほうがはっきりとした模様を見ることが出来ます。

また、上見の醍醐味として、上見では鯉は太っているほうが迫力があり、いい感じだと思えるのに対し、水槽だとスマートに引き締まった、到底、品評会では使いものにならないような痩せた鯉の方が見栄えがします。少しでも太っていると、ぶくっとして不格好に見えてしまいます。そのようなこともあり、ぶっとい大きな立派な鯉を楽しむには、プラ池を用意するのがいいと言えます。また、水はろ過装置を稼働させて透明にしないと、残念ながらグリーンウォーターになってしまい、水質は安定ですが、見るのにはつまらなくなってしまいます。 昔、人面魚がブームになりましたが、濁った水の池だと、部分的に暗い模様は見えづらくなるので顔のように見えたりもしたことが原因ではないかと思ったりしています。完全に透明な綺麗な水を保っている、お金のかかった整備された庭園の錦鯉はとても綺麗で、体の隅々まで見れるので、そういった風には見えないものです。

水面すれすれで、綺麗な模様で大きな太い鯉を見ていると思わず、触りたくなります。そうやって触ってみるのも1つの楽しみなのかもしれません。そういう楽しみ方も、やはり、錦鯉独特のことです。やはり、背中が網目模様になっている浅黄は独特の魅力があります。特に浅黄の錦鯉で、背中は網目になっているが、体側は模様が半分までしかないという鯉も珍しくありません。そうなると、もう水槽で見た場合は違う魚に見えてしまいます。

逆に水槽の王様、ディスカスを上身で楽しんでみましょう。まず、見えません。。。魚にはそれぞれ最適な観賞スタイルというのがあるものです。

*ここに書いてある育成環境データは一例です。このデータでも上手く育たないことも有ります。水道水の場合は塩素を処理する必要があります。 浄水器やウォーターサーバー、天然水は塩素は抜けていますが水質によっては生体に合わないこともあります。硬度が高い水よりも軟水の方が適してる場合があります。硬水の方が良い生体、水草もあります。 また、RO水などのように純粋な水が必ずしも全ての生物にいいとは限りません。水質にミネラル分が必要な生き物も沢山います。
液肥や魚の肌をケアするトリートメント液が販売されていますが使用する前には少しづつ試した方がいいと思います。魚の調子が悪いときは症状から原因を見つけて魚病薬用のケアをしまよう。魚の皮膚はとても繊細で敏感なので あまり触らないようにしましょう。肌荒れのような状態になるとそこから細菌が感染して病気になることもあります。
水草やサンゴの育生には紫外線などの太陽光に含まれる日光のような波長の光が必要ですので専用のライトを使用した方がいいです。水草の葉の表面が白く白化してきたら肥料成分が足りないので栄養を与えましょう。 赤系の水草は肌の日焼けのような症状と似ていて太陽光などの強い光が必要です。照明とCo2(炭酸ガス)の添加で美しい発色を引き出すことができます。








錦鯉 浅黄の水槽レイアウト、育て方の様子 Videos of Nishikigoi Asagi.

  (http://www.youtube.com/で錦鯉 浅黄を検索した結果)






錦鯉 浅黄の口コミ、評判、育て方、ケア、混泳や濾過装置、照明の光量など ( Comments of this species )



  • 錦鯉を見ていると、カツオを1本まるごと買うように勢いづいて買いそうになってしまいます。また、対して高くないのが恐ろしい所で、簡単に購入できる値段のものがあります。ところが、これが飼育するとなると、途端にハードルが上がってしまうので困ります。小さい鯉なら水槽で、それじゃ、つまらない。そして、水も綺麗にしたいから、大きなろ過装置と大量の水を保てる池、それも石張りの土のない池などがいい、と言い出すと、建造費用と維持作業で途端に人生が破綻しそうです。 40cmの鯉をプラ舟で飼ったらどうなるでしょうか?思い切ってやってみようかと思いましたが、飛び跳ね防止のネットと、底が浅いのでただの鯉のいじめになりかねないので辞めておきました。風呂で飼育するような感じのFRPの生け簀みたいな容器がリビングに置かれるようになったらいいのですが、ほぼ、そういうことは不可能な住宅事情なのがこの国です。












comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です