ニシキゴイ – 紅白

 

【錦鯉 紅白のおすすめ度】

  *ランキング評価をお願いします。 Please Rate !




錦鯉 紅白を値段の安いおすすめのネット通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で錦鯉 紅白を検索した結果。

(錦鯉)紅白/コウハク ニシキゴイ 8〜13cm(1匹)
価格:1060 円

1点物 錦鯉 紅白 色鯉 鯉 55cm ニシキゴイ コイ 生・・・
価格:12000 円

錦鯉MIX (M) 3匹 約13cm〜16cm前後 ニシキゴ・・・
価格:2250 円

錦鯉MIX (M) 5匹 約13cm〜16cm前後 ニシキゴ・・・
価格:3580 円

錦鯉MIX (S) 10匹 約10cm〜13cm前後 ニシキ・・・
価格:3980 円

☆数量限定☆ 日本製 ONE AND HALFオリジナル ウ・・・
価格:13800 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示している検索結果は、錦鯉 紅白の結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains other species except Nishikigoi kouhaku !
動植物を輸入する際には検疫を必要とする場合があります。 Importing species, It may be necessary for species to be quarantined.




錦鯉 紅白の餌、水槽を値段の安い通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で錦鯉 餌を検索した結果。

キョーリン 咲ひかり 育成用 浮上 S 2kg 錦鯉 えさ ・・・
価格:2040 円

錦鯉用フード スイミー 大粒(浮上性) 450g 餌 飼料 ・・・
価格:399 円

キョーリン ひかり デイリー 8kg 錦鯉 餌 飼料 お一人・・・
価格:2508 円

キョーリン 咲ひかり 育成 浮上 M 2kg 錦鯉 餌 飼料・・・
価格:2068 円

キョーリン ひかり胚芽 大粒(浮上性)15kg 錦鯉 餌 飼・・・
価格:8448 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*魚などの生体は、慣れていない餌には食いつきが悪いものです。以前の育成環境でよく食べていた餌を与えるのが 無難な方法です。餌や液肥などの量の加減はとても難しく多すぎると腐敗し生体に害を与えます。


楽天で錦鯉 池 水槽を検索した結果。オールインワンのセットや単品など。

【送料無料】タカラ工業 ウォータークリーナー せせらぎFR ・・・
価格:31471 円

【送料無料】タカラ工業 ウォータークリーナー のどか TW-・・・
価格:17744 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! / アクアライフ編集・・・
価格:1728 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! (アクアライフの本)・・・
価格:1728 円

錦鯉の飼い方 池でも水槽でも楽しめる! (アクアライフの本)・・・
価格:1728 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*水槽の大きさは生体の大きさに合わせるというのが一般的です。水槽台は必ず必要です。化粧板の付いた豪華なものでなくスチールラックでもいいので床の上に置くのは辞めたほうがいいです。水槽台には強度が必要です。表面にシワが寄ったように見えた場合は水槽がたわんでいる可能性があるので注意が必要です。

*ろ過装置は水質を維持するためにとても重要な装置ですが、オーバーフロータイプであっても補助的なものなので過信は禁物です。 浄化能力は、自然の池とは比べ物にならないもので、完全には浄化できません。植物が吸収したりプロテインスキーマで汚れを除去しない限り、いつまでも汚れが溜まっていきます。



錦鯉 紅白の種類、大きさ、美しく健康を保てる餌や栄養成分、水質(ブラックウォーター、ミネラル)、水温、湿度、pH(水素イオン濃度)、gH(軟水、硬水)など


学名 (Scientific Name)Cyprinus carpio carpio
英語名 (English Name)Nishikigoi kouhaku
和名 (Japanese Name)錦鯉 紅白
分類 (Category)Cypriniformes Cyprinidae Cyprininae Cyprinus コイ目 コイ科 コイ亜科 コイ属
生息分布 (Habitat Distribution)Breeding in Japan 日本の改良種
最大体長 (Maximam Size)100cm
育成可能年数 (年齢)80(年/歳)
適合温度 (Temperature)5-30°C
湿度 (Relative Humidity)100%
ペーハー (pH)5.0-7.0
硬水~軟水 (gH/dH/kH)5.0-6.0 dH
餌、栄養成分 (Feeding)粒状フード、小粒~大粒、浮遊性、沈下性(冬場など)
育て方、水質 (Description) 一番人気だと思われる錦鯉の柄です。おそらく、普通に一番、目にするタイプでありますが、品評会などで賞を取った魚は種親として物凄く高く売られることも有ります。数百万円ということもあるようです。ただ、ここでこの親から、また、賞を取るような個体を探して数百万円で販売して利益を得るのは至難の技です。それよりも、純粋に趣味の世界で自己満足に浸るか、その親の子供であるという魚を中程度の値段で大量に販売することで利益を得ることがあるようです。

いずれにせよ、品評会で優勝というのは限られた魚だけですので、価値あることは確かです。何を基準にしているかというのは厳密には決まっていますが、見た目の迫力が一番だと思います。ただ、本当に個人で趣味のレベルで家庭の室内ではそういった錦鯉を育てるのは不可能じゃないかと思います。錦鯉専門の生産者が作った鯉は売られている時点ですでに50cm程度です。しかし、それでも若魚で2歳とあります。たった、2,3年でこのサイズにまで成長させるのです。1年で15cmもいけばいいところです。これだけの大きさを実現することが血統的にも、環境的にも非常に手間がかかっていて、その見た目は、まるで、とれたての新鮮なブリのようです。かなり身がパンパンに張って、美味しそうな見た目をしています。それが縁起のいい紅白だったので、もてはやされたのかもしれません。

高価な錦鯉を食べる人は居ませんが、鯉自体は昔から食用として生産されてきました。そういうことを考えると、農産物の1種として、品評会も農業の一環としてあったように感じられます。実際、生産者の施設をみると大きなビニールハウスです。また、食用の魚類の養殖を行っている施設にも似ています。餌も食べても安全なものばかりを混ぜて作り、より太りやすくする餌を出来る限り与えています。こういった錦鯉が販売されているとつい買いたくなるのは分かります。これは新鮮ないきのいい魚が売られていたら、心惹かれるものです。ただ、錦鯉は観賞用です。飼育して泳いでいる様子を見て楽しむものです。

紅白の良し悪しは、見た目ですが、上からみた上見で、判断して、白がしっかりと濃い白で、赤がツヤ照りがあり、発色よく、健康的で、プリプリしているか?どうかです。この健康的でプリプリというのが農産物ぽい感じがしますが、金魚もどうように生きの良さが評価の良し悪しにかかってきます。赤の発色をよくする色揚げ剤が入った餌や、独自のブレンドなどもあるようです。

しかし、どうやって飼ったらいいか?

それは一般家庭での永遠の悩みです。これを解決できたら発明です。1m近く、最低でも50cm以上の鯉を飼える環境は池を庭に作るしかありません。プラ池でどこまでのサイズが飼えるかというと、ひょうたん型のものが多いですが、最大でも30cm程度の深さしかありません。50cmの鯉では厳しいかもしれません。水容量は90Lでしたが、この容量は、通常の魚飼育のもっともノーマルな水槽と大差ない水量です。単独飼育ならまだしも、複数匹を泳がせたいというのはほとんど不可能に近くなってしまいます。

実際に、値段が高いと思っていたのは思いすごしで今では非常に安く、2年で50cmにも育ててもらって数万円居ないなら、安いものですが、そんな巨大な魚を飼育できる人はごく限られた恵まれて人です。 ここで一般的な鯉の飼い方としては、

模様が出ていてしっかりとした系統のいい良質な錦鯉を小さいサイズから飼育する。これは、大きく育てないコツです。鯉は再現なく大きくなるものではなく、水槽サイズがあって、餌も制限しながら与えれば巨大化して水槽を突き破ることはありません。数年それで過ごしたらあとは、成長が止まり、サイズが手頃に止まります。

やはり、最初の2,3年までが成長させる時期で、その時期に逆に大きくしないという選択しか都会で暮らす錦鯉愛好家にはないのかもしれません。

ただ、鯉は意外と凶暴で複数いると喧嘩して戦い、食らい合うことも有ります。水槽でたくさんのサイズの鯉が売られていたらすでに小さい鯉が大きな鯉に丸呑みになっていたこともあるくらいです。もちろん、動きの遅いその他の魚は全て餌となり得ます。そして、このアグレッシブさと強力な遊泳力により、追いかけられて飛び出してしまう魚もいます。蓋は必須だと思います。逃げ場の多いプラ池などは平気かもしれません。ただ、複数飼うとどうしても追いかけてしまうようです。水槽で2,3匹で飼育しているときは、もの凄い水が跳ねる音がよくしていました。さらに、外出して帰宅すると、飛び出してしまった錦鯉が居たりして、最後は1匹になり、そこで安定してしいくすることができました。そういう意味で、水槽飼育で単独飼育して楽しいのか?という疑問が湧き上がります。

*ここに書いてある育成環境データは一例です。このデータでも上手く育たないことも有ります。水道水の場合は塩素を処理する必要があります。 浄水器やウォーターサーバー、天然水は塩素は抜けていますが水質によっては生体に合わないこともあります。硬度が高い水よりも軟水の方が適してる場合があります。硬水の方が良い生体、水草もあります。 また、RO水などのように純粋な水が必ずしも全ての生物にいいとは限りません。水質にミネラル分が必要な生き物も沢山います。
液肥や魚の肌をケアするトリートメント液が販売されていますが使用する前には少しづつ試した方がいいと思います。魚の調子が悪いときは症状から原因を見つけて魚病薬用のケアをしまよう。魚の皮膚はとても繊細で敏感なので あまり触らないようにしましょう。肌荒れのような状態になるとそこから細菌が感染して病気になることもあります。
水草やサンゴの育生には紫外線などの太陽光に含まれる日光のような波長の光が必要ですので専用のライトを使用した方がいいです。水草の葉の表面が白く白化してきたら肥料成分が足りないので栄養を与えましょう。 赤系の水草は肌の日焼けのような症状と似ていて太陽光などの強い光が必要です。照明とCo2(炭酸ガス)の添加で美しい発色を引き出すことができます。








錦鯉 紅白の水槽レイアウト、育て方の様子 Videos of Nishikigoi kouhaku.

  (http://www.youtube.com/で錦鯉 紅白を検索した結果)






錦鯉 紅白の口コミ、評判、育て方、ケア、混泳や濾過装置、照明の光量など ( Comments of this species )



  • 一番綺麗だと懐います。金魚よりも格段に丈夫だと思います。ベランダにプラ池を置き、、浮草を浮かべて飼育していました。単独ですが、何もメンテをしませんでしたが、長生きしていました。水槽へ移したことにより水質悪化でダメにしてしまいました。サイズは数年飼いましたが20cmを超えませんでした。












comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です