津軽錦

 

【津軽錦のおすすめ度】

  *ランキング評価をお願いします。 Please Rate !




津軽錦を値段の安いおすすめのネット通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で津軽錦を検索した結果。

【1点物】浜松産 3歳 津軽錦 親魚 (本州は送料無料)
価格:13800 円

【1点物】浜松産 3歳 津軽錦 親魚 (本州は送料無料)
価格:12000 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示している検索結果は、津軽錦の結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains other species except Tsugarunishiki !
動植物を輸入する際には検疫を必要とする場合があります。 Importing species, It may be necessary for species to be quarantined.




津軽錦の餌、水槽を値段の安い通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天で金魚 餌を検索した結果。

紫 キョーリン 咲ひかり 金魚 色揚げ用 沈下 200g 金・・・
価格:616 円

キョーリン プロリア 200g 金魚の健康食 金魚のえさ 関・・・
価格:327 円

キョーリン アイドル 野菜が入った金魚の健康食 特小粒 (浮・・・
価格:278 円

キョーリン ゴールドプロス 150g 金魚のえさ 関東当日便・・・
価格:502 円

GEX 金魚元気プロバイオフード 色揚げ 220g 金魚 顆・・・
価格:446 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*魚などの生体は、慣れていない餌には食いつきが悪いものです。以前の育成環境でよく食べていた餌を与えるのが 無難な方法です。餌や液肥などの量の加減はとても難しく多すぎると腐敗し生体に害を与えます。


楽天で金魚 池 水槽を検索した結果。オールインワンのセットや単品など。

【ソーラーエアーポンプ】酸素ポンプ アクアリウムエアポンプ ・・・
価格:3299 円

ウォールステッカー 窓 池の鯉 動物 魚 トリックアート 子・・・
価格:1200 円

タカラ グリーンカット 5t 池水質調整剤 アオコ予防剤 [・・・
価格:730 円

タカラ 鯉のよろこび 1kg [水質維持 池水質調整剤 鯉 ・・・
価格:1170 円

お買い得セット めだかの池15号 & めだかの家 睡蓮鉢 め・・・
価格:8527 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*水槽の大きさは生体の大きさに合わせるというのが一般的です。水槽台は必ず必要です。化粧板の付いた豪華なものでなくスチールラックでもいいので床の上に置くのは辞めたほうがいいです。水槽台には強度が必要です。表面にシワが寄ったように見えた場合は水槽がたわんでいる可能性があるので注意が必要です。

*ろ過装置は水質を維持するためにとても重要な装置ですが、オーバーフロータイプであっても補助的なものなので過信は禁物です。 浄化能力は、自然の池とは比べ物にならないもので、完全には浄化できません。植物が吸収したりプロテインスキーマで汚れを除去しない限り、いつまでも汚れが溜まっていきます。



津軽錦の種類、大きさ、美しく健康を保てる餌や栄養成分、水質(ブラックウォーター、ミネラル)、水温、湿度、pH(水素イオン濃度)、gH(軟水、硬水)など


学名 (Scientific Name)Carassius auratus auratus
英語名 (English Name)Tsugarunishiki
和名 (Japanese Name)津軽錦
分類 (Category)Cypriniformes Cyprinidae Cyprininae Carassius Carassius auratus コイ目 コイ科 コイ亜科 フナ属 キンギョ
生息分布 (Habitat Distribution)an improved race
最大体長 (Maximam Size)20cm
育成可能年数 (年齢)10(年/歳)
適合温度 (Temperature)10-32°C
湿度 (Relative Humidity)100%
ペーハー (pH)6.0-7.5
硬水~軟水 (gH/dH/kH)-4kH
餌、栄養成分 (Feeding)冷凍赤虫、乾燥アカムシ、イトミミズ、ミジンコ、フレークフード、浮遊性粒状フード、沈下性粒状フード、養殖魚用餌
育て方、水質 (Description)リンゴのような名前ですが、1770年頃、正真正銘の江戸時代に作出された金魚で、近年作出された金魚とは違い、歴史のある美しい金魚です。しかしながら、現在の流通している金魚は復刻された津軽錦と言えそうです。 津軽錦という言葉の意味合いとしては、津軽地方の錦のようだ、昔は錦といえば宝の代名詞のようなもので、それだけ美しいという意味を持つ名前を与えたくなる金魚ということなのだと思います。

現在、津軽錦として流通しているのは、らんちゅうと東錦の交配種を選抜育成して固定化したものだそうです。どうやら、戦時中に一度、途絶えてしまったようで、純粋なる津軽錦の系統は見つけることができなかったようです。特徴は津軽錦の特徴を持ったもので、より、見栄え良く飼育しやすい特徴を持った金魚を育種しています。また、金魚ねぶたのモデルとなったのは、この金魚です。

この金魚はやはり特徴しては、色が黒から赤系に変わる褪色が非常に遅いということが言えると思います。近代の金魚から戻すようにして復元したということですが、4年も褪色せずに成長していく金魚です。また、褪色しないもの、赤一色、更紗模様、鮮やかな明るいゴールド、など様々な色彩を持っていますが、選別ということは不可能だと言えそうです。 また、もう1つの特徴として、ヒレが長い、特に尾びれが長く伸張します。中には尾びれが非常に長い尾長タイプのものが出てくることもあるようです。この金魚の楽しみにじっくり飼いこんで、変化を楽しむ、繁殖をして、かわり種を増やしていく、そういったことが楽しめそうなミステリアスな魅力を持った金魚であるとも言えます。

ちなみに金魚の名前の金というのは、なぜ、赤いのに金魚だよなんて思うと思いますが、この褪色前の状態の金魚が明るい色だとゴールドに見えたことが金魚という由縁じゃないかと言われています。たしかに、江戸時代の頃の金魚が褪色が遅い品種が多かったとしたら、十分に考えられることです。すると、今のように金魚屋には赤い金魚ではなく、金色の金魚が売られていたということになります。丸まるとした金ピカの魚、それはまさしく、小判、大判、金塊のように見えたことだったでしょう。そう考えると、この褪色前の色もかなり楽しめると思います。そして、はかないイメージの金魚ですが、しっかりと長年飼い込まれてしっかりと赤くなったものが絵として残されていますので、夏祭りでちょっと買ってすぐに駄目になるというようなものではなかったはずです。もちろん、すぐに赤くなる、和金のようなものや琉金なども流通していたことだと思いますので、赤い金魚も金魚ということで間違いはないでしょう。

*ここに書いてある育成環境データは一例です。このデータでも上手く育たないことも有ります。水道水の場合は塩素を処理する必要があります。 浄水器やウォーターサーバー、天然水は塩素は抜けていますが水質によっては生体に合わないこともあります。硬度が高い水よりも軟水の方が適してる場合があります。硬水の方が良い生体、水草もあります。 また、RO水などのように純粋な水が必ずしも全ての生物にいいとは限りません。水質にミネラル分が必要な生き物も沢山います。
液肥や魚の肌をケアするトリートメント液が販売されていますが使用する前には少しづつ試した方がいいと思います。魚の調子が悪いときは症状から原因を見つけて魚病薬用のケアをしまよう。魚の皮膚はとても繊細で敏感なので あまり触らないようにしましょう。肌荒れのような状態になるとそこから細菌が感染して病気になることもあります。
水草やサンゴの育生には紫外線などの太陽光に含まれる日光のような波長の光が必要ですので専用のライトを使用した方がいいです。水草の葉の表面が白く白化してきたら肥料成分が足りないので栄養を与えましょう。 赤系の水草は肌の日焼けのような症状と似ていて太陽光などの強い光が必要です。照明とCo2(炭酸ガス)の添加で美しい発色を引き出すことができます。








津軽錦の水槽レイアウト、育て方の様子 Videos of Tsugarunishiki.

  (http://www.youtube.com/で津軽錦を検索した結果)






津軽錦の口コミ、評判、育て方、ケア、混泳や濾過装置、照明の光量など ( Comments of this species )



  • 尾びれが伸びて、下に垂れ下がった感じで広がっています。これだけ垂れ下がっていると泳ぐのにはあまり有効ではないような感じの見た目です。ヒレが3方向に広がりピンとしているのものがきれいな形のらんちゅうだとすると、この金魚はマフラー垂らしているような感じのする尾びれです。ヒレが長いので、それを楽しめるように上から見えるような容器で、透明気味なヒレの部分もはっきりと見えるように、底は明るい色のものがいいと思います。やはり、品評会のような白いタライのようなものがいいんじゃないかと思いますが、、、飼育するには少し無理が、だいぶ、無理があると思います。そして、睡蓮鉢のような鉢は、シックでモダンに作られていて、たいてい、黒か焦げ茶の暗い色です。これでは、光も差し込まず、あまり金魚の良さを見ることができません。どうしたものかと考えていると、実はプラ池やプラ舟がいいんじゃないかと思いました。プラスチック製の奇抜な明る色とマッチして、大きさも色々有り、大容量にもでき、何かのコンテナを代用してもいいですので自由度が高いです。


  • 売っているところには意外と安く売られているのに、中々、販売されていないようです。大きくなったものは数万円レベルで売られていることもあります。ただし、色は褪色する前の地味な色合いのままです。このままでも十分に金びかりしていて美しいと言えますが、さらに、数年後の褪色も楽しみにしながら二度楽しめると言えそうです。でも、たしかに、金魚屋でも売るにしても、あまり魅力を伝えにくい感じがして、それほど売られていないのかもしれません。1色だけの褪色でランチュウのような体型で、4,5年したら色が出ますが、それがどう出るかは全く不明です。という金魚では、マニアックすぎます。










comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です