ヒレ長メダカ(スワロー) – 赤、白、アルビノ、幹之

 

【ヒレ長 メダカのおすすめ度】

  *ランキング評価をお願いします。 Please Rate !




ヒレ長 メダカを値段の安いおすすめのネット通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天でヒレ長 メダカを検索した結果。

【天女の舞】松井ヒレ長〜黒系パンダメダカ【松井直系】
価格:580 円

白みゆき(幹之)ヒレ長スワローめだか 松井系 未選別 稚魚 ・・・
価格:1580 円

黒ラメみゆき(幹之)ヒレ長スワローめだか 未選別 稚魚 SS・・・
価格:1580 円

メダカ 黒ラメ(虹色)ヒレ長スワローめだか 未選別 稚魚SS・・・
価格:1620 円

メダカ ブラック黄金ヒレ長スワローめだか 未選別 稚魚(SS・・・
価格:1480 円

(メダカ) 黄金ヒレ長スワローめだか 未選別 稚魚(SS〜S・・・
価格:1404 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示している検索結果は、ヒレ長 メダカの結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains other species except Hirenaga medaka !
動植物を輸入する際には検疫を必要とする場合があります。 Importing species, It may be necessary for species to be quarantined.




ヒレ長 メダカの餌、水槽を値段の安い通販で比較!(楽天/アマゾン)



楽天でメダカ 餌を検索した結果。

キョーリン メダカのエサ 産卵・繁殖用 130g めだか 餌・・・
価格:498 円

キョーリン ひかり メダカの天然食 22g めだか エサ 餌・・・
価格:298 円

コメット メダカ稚魚 10g めだか エサ 餌 えさ 関東当・・・
価格:268 円

メダカのえさ 200g(めだか、エサ、餌)
価格:600 円

スドー 特撰メダカの餌 50g めだか エサ えさ 関東当日・・・
価格:418 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*魚などの生体は、慣れていない餌には食いつきが悪いものです。以前の育成環境でよく食べていた餌を与えるのが 無難な方法です。餌や液肥などの量の加減はとても難しく多すぎると腐敗し生体に害を与えます。


楽天でメダカ 水槽を検索した結果。オールインワンのセットや単品など。

鈴木製作所 角型タライ フラット 黒 ビオトープ めだか お・・・
価格:688 円

スドー いたずら防止ネット 315 《鳥獣害から飼育魚を守る・・・
価格:410 円

【赤字特価】 GEX アクア360R 円柱 インテリア水槽セ・・・
価格:3500 円

GEX メダカ元気 LED+フィルター付 やさしい水槽セット・・・
価格:2108 円

テトラ メダカチューブ 水槽 インテリア おしゃれ 2段まで・・・
価格:778 円
Supported by 楽天ウェブサービス
*水槽の大きさは生体の大きさに合わせるというのが一般的です。水槽台は必ず必要です。化粧板の付いた豪華なものでなくスチールラックでもいいので床の上に置くのは辞めたほうがいいです。水槽台には強度が必要です。表面にシワが寄ったように見えた場合は水槽がたわんでいる可能性があるので注意が必要です。

*ろ過装置は水質を維持するためにとても重要な装置ですが、オーバーフロータイプであっても補助的なものなので過信は禁物です。 浄化能力は、自然の池とは比べ物にならないもので、完全には浄化できません。植物が吸収したりプロテインスキーマで汚れを除去しない限り、いつまでも汚れが溜まっていきます。



ヒレ長 メダカの種類、大きさ、美しく健康を保てる餌や栄養成分、水質(ブラックウォーター、ミネラル)、水温、湿度、pH(水素イオン濃度)、gH(軟水、硬水)など


学名 (Scientific Name)Oryzias latipes var.
英語名 (English Name)Hirenaga medaka
和名 (Japanese Name)ヒレ長 メダカ
分類 (Category)Beloniformes Adrianichthyoidei Adrianichthyidae Oryziinae Oryzias Smegmamorpha Atherinomorpha O. latipes var. ダツ目 アドリアニクチス亜目 アドリアニクチス科 メダカ亜科 メダカ属 スメグマモルフ系 トウゴロイワシ亜系 ミナミメダカ
生息分布 (Habitat Distribution)an improved race
最大体長 (Maximam Size)4cm
育成可能年数 (年齢)1(年/歳)
適合温度 (Temperature)4-30°C
湿度 (Relative Humidity)100%
ペーハー (pH)6.0-7.5
硬水~軟水 (gH/dH/kH)-4kH(参考値)
餌、栄養成分 (Feeding)イトミミズ、ミジンコ、ブラインシュリンプ、フレークフード、メダカの餌
育て方、水質 (Description) ヒレが伸張したタイプのメダカで、おもに、尾びれ、背びれ、尻びれなどが伸張します。よほど選抜して極めたものでない場合、ヒレの長さは通常の金魚と比べると、さほど長いということはありません。また、ヒレはよれた感じになったりすることもあるようです。まだまだ、これから伸びるメダカのタイプだと思います。もっとヒレの長いタイプのメダカが高値で話題になったりすることもありますので、徐々に一般に流通するメダカもヒレが綺麗に大きくなってくると思います。

見た目のインパクトがあります。ニホンメダカが、卵生メダカになったかのような気もします。アフィオセミオンなどは、色彩変異のオレンジタイプが売られていて、ワイルド種の良さが売りの卵目において、改良種ながらに地位を築いています。ちょうど色もオレンジですので、かなり浸し見やすいアフリカのメダカです。 そういうメダカを見ていると、たしかに日本メダカもまだまだ伸ばせる気がしてきます。ほんとうに、まだまだ、これからです。メダカという魚の突然変異が起きる可能性は、日本でも海外でも同じなはずで、環境に適応したものだけが生き残ってこれたというのが、その地域の固有種になったわけで、派手な色彩が残ったのは明るい青空と太陽と赤茶色い土底の水中という環境であったからで、日本は魚の体色が地味なのは川底を見れば分かるように、あの環境で目立たないように生き延びるためには、とにかく地味である必要があったわけです。

人工繁殖がこれだけ盛んになると、もはや、そういった淘汰されてしまうような変異をした魚がどんどんと、新タイプとして残っていきます。すると、いずれは、世界中のメダカの持つ特徴を兼ね備えたメダカが日本メダカから作出されるかもしれません。

*ここに書いてある育成環境データは一例です。このデータでも上手く育たないことも有ります。水道水の場合は塩素を処理する必要があります。 浄水器やウォーターサーバー、天然水は塩素は抜けていますが水質によっては生体に合わないこともあります。硬度が高い水よりも軟水の方が適してる場合があります。硬水の方が良い生体、水草もあります。 また、RO水などのように純粋な水が必ずしも全ての生物にいいとは限りません。水質にミネラル分が必要な生き物も沢山います。
液肥や魚の肌をケアするトリートメント液が販売されていますが使用する前には少しづつ試した方がいいと思います。魚の調子が悪いときは症状から原因を見つけて魚病薬用のケアをしまよう。魚の皮膚はとても繊細で敏感なので あまり触らないようにしましょう。肌荒れのような状態になるとそこから細菌が感染して病気になることもあります。
水草やサンゴの育生には紫外線などの太陽光に含まれる日光のような波長の光が必要ですので専用のライトを使用した方がいいです。水草の葉の表面が白く白化してきたら肥料成分が足りないので栄養を与えましょう。 赤系の水草は肌の日焼けのような症状と似ていて太陽光などの強い光が必要です。照明とCo2(炭酸ガス)の添加で美しい発色を引き出すことができます。








ヒレ長 メダカの水槽レイアウト、育て方の様子 Videos of Hirenaga medaka.

  (http://www.youtube.com/でヒレ長 メダカを検索した結果)






ヒレ長 メダカの口コミ、評判、育て方、ケア、混泳や濾過装置、照明の光量など ( Comments of this species )



  • メダカの概念を変えた気がしました。なにか、このヒレというのは一線を越えた感じがします。これでもう、海外のメダカに負けないゴージャスさが出た感じです。どんどんと、派手な体色のメダカと掛けあわせて、綺麗なメダカを作ってみたいと思いました。


  • なぜ、今までヒレナガタイプが出なかったんでしょうか。。。普通、あらゆる魚でヒレを伸張させたタイプは多く出回っています。しかし、このヒレナガメダカは少ないし、高価です。それもとても高価です。まだ、出てきたばかりだからこういう価格でこれから一斉に繁殖が進み、ベタやグッピーみたいなヒレ長メダカがたくさん出てきて、品評会でもヒレ長部門っていって、ショーベタのような魚がたくさん登場するのでしょうか?メダカですから、グッピーやアフリカなどの卵生メダカと言ったほうがいいのかもしれません。

    でも、もしかしたら、アフリカの卵生メダカはヒレが伸張しているタイプがいますが、とても細長く鋭く伸びています。けっして金魚のようにずんぐりムックリで羽衣を着たようなタイプではありません。もっと素早く動く、攻撃的に移動する、飛び跳ねた隣の池にうつりいき、乾燥時期には点々とした水たまりを動いて生存し子孫を反映させていく、そんなメダカがアフリカの卵生メダカのあるグループにはたくさんいます。

    そういうことからも日本のメダカもヒレが伸びるが、鋭く細く伸びる可能性がある、かもしれないと思ったりします。でも、同じ卵生メダカの仲間でも、アフリカのものでは、ずんぐりむっくりタイプのものはヒレがちいさく、丸みを帯びていて伸張することはないのですが、金魚、グッピー、ベタに近い体型をしています。日本のメダカは泳ぐのが苦手であり、たしかにどんくさい、そして、流れが強いだけで力尽きてしまいますので、こちらのヒレが大きく伸びる傾向があるのかもしれません。

    いずれにしても、日本の改良メダカのヒレ長メダカの今後の系統の発展の仕方には興味がつきないところです。ただ、どうやって、飼育するのでしょうか?普通、少し大きな水槽を1つ置く場合、複数種類のメダカを入れて飼育したい気分になりますが、メダカは、全てが1系統のヒメダカから始まっていますから、すぐに交雑してしまいます。これでは、複数種を飼育して見て楽しむことはできずに、グッピーのように、品種ごとに小さい水槽を種類の数だけ用意するという、家の中に水槽を20個くらいおいて、一斉にエアーを送るためにブロワーを買い、水換えをラクにするために配管をして、メダカマンションを作るのがステータスになるのでしょうか??

    おかしな感じがしますが、こういう風にマニアックな世界はひたすらに広がっていくものだと思います。それくらい広がってくれれば楽しみがまた増えるというものです。ただ、相手は生き物、それも、改良品種が出てくるのを待つという途方も無い偶然の組み合わせを待つということなので気長に待つしか無いと思います。










comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です